FC2ブログ

スーダン 本日のニュースですが、スピルバーグ氏は立派ですね。どこかの国は中国のこびる人...... 日記

スーダン 本日のニュースですが、スピルバーグ氏は立派ですね。どこかの国は中国のこびる人......のページです。

スーダン 本日のニュースですが、スピルバーグ氏は立派ですね。どこかの国は中国のこびる人......

本日のニュースですが、スピルバーグ氏は立派ですね。どこかの国は中国のこびる人が多いが、スピルバーグを是非見習って欲しい。そう思いませんか?スピルバーグ氏 北京五輪顧問辞退米映画監督スティーブン・スピルバーグ氏は12日、深刻な人道危機が続くスーダン・ダルフール問題への中国政府の外交姿勢を不満として、8月の北京五輪の芸術顧問から退くとの声明を発表した。開閉会式の演出を担当する予定だったが、北京五輪組織委員会とは正式に契約していなかったとしている。 五輪を通じて「大国」をアピールしたい中国が、世界的著名人に国際的な指導力不足の烙印(らくいん)を押された形で、中国製ギョーザ中毒事件に続きダメージとなりそうだ。 スピルバーグ氏は「わたしの時間とエネルギーは五輪ではなく、ダルフールでの人道犯罪の終結に費やすべきだ」とし「スーダン政府と経済的、軍事的つながりを持つ中国政府は、変化に向け圧力をかける義務がある」と述べ、外交努力が足りないとの認識を示した。 アフリカで積極的な資源外交を進める中国は、スーダンで油田開発を展開。昨年、米女優ミア・ファローが米紙への寄稿で、中国がスーダンからの石油輸入を通じ、ダルフールでの住民虐殺に間接的に手を貸しているなどと指摘、スピルバーグ氏についてもナチス時代のドイツ人映画監督になぞらえて批判した。 寄稿の直後にスピルバーグ氏は中国の胡錦濤国家主席に手紙を送り、ダルフール問題への適切な措置を要請していた。スピルバーグ氏は映画「シンドラーのリスト」(1993年)などの作品で知られる。 (共同)


スポンサーサイト



2008年02月15日 トラックバック(-) コメント(-)